前へ
次へ

弁護士の資格で他の士業の仕事も可能です

弁護士の資格を持っていると、他の士業の仕事が出来ることをご存知でしょうか。司法試験に合格し、司法修習をした後に弁護士登録をしておくと、弁理活動や税務の仕事を、弁理士や税理士の登録なしで行うことができます。また、自分の業務に関連することであれば司法書士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士、海事補佐人の仕事もできますし、これらの士業の中で、司法書士と海事代理士以外は、弁護士資格のみで、当該士業の登録もできます。ただし、司法書士と海事代理士は、国家試験を受けて合格する必要があります。その一方で、今まで弁護士の領域だった訴訟などに、他の士業が参入することもあります。たとえば、特定の研修を受けた認定司法書士は、簡易裁判所で代理訴訟を行うことができます。また、司法書士と弁理士、土地家屋調査士、社会保険労務士はADR、いわゆる裁判外紛争解決手続きの代理権が与えられるようになっています。

Page Top