前へ
次へ

弁護士の資格をとるには

弁護士の資格をとるためには、大学を卒業しててから法科大学院に行く必要があります。大学で法学を学んでいれば2年、そうれなければ3年を経て、司法試験を受けることができます。司法試験が受けることができるのは5年以内3回までと決められています。そして司法試験に合格することができれば司法修習を1年行います。それから2回の試験を受け、修了試験に合格すれば弁護士だけでなく裁判官、検察官になることができます。また中・高校卒業者でも予備試験に合格すると法科大学院修了相当の資格を与えられるのでそこから司法試験を受験する事も可能です。また修了試験に合格してからも、弁護士名簿に登録されないと弁護士として活動することはできないので登録が必要になります。

Page Top