前へ
次へ

弁護士になるための資格とは

日常の生活の中でトラブルに見舞われた時や、ドラマ・小説のなかで親身になって依頼人の為に奔走する弁護士がいます。弁護士になる為の資格はいくつかの試験・研修等を通過しなくてはなりません。まず、司法試験に合格しなくてはなりませんが、これには法科大学院を卒業しているか、司法試験と同じくらい難関と言われている予備試験に合格していなければ司法試験を受けることもできません。この試験に合格後、司法研修所・地方裁判所等で1年間の研修を受けると弁護士となることが出来ます。基本的には今申し上げた、法科大学院を卒業か予備試験合格後の司法試験という事になるのですが、特例として弁護士資格認定制度という法務大臣の認定という資格制度もあります。

Page Top