前へ
次へ

弁護士の資格取得とは

弁護士の資格を取得する試験は司法試験と呼ばれ、日本で最難関の試験とも言われています。受験資格は特になく、学歴すら問われません。しかし、法学部の三年生を修了していると一次試験が免除されますので、大抵の人は法学部の出身です。この一次試験、そして二次試験はマーク式で、刑法や民法の知識が問われます。それをパスすると論述試験を受けることができます。こちらは論述形式であり、与えられた条件に従ってどのような弁護ができるかを記述します。現在の司法試験はこの論述試験をパスすれば合格となりますが、かつてはこの後に口述試験が行われ、弁護士となる人間性をも問われました。しかし、試験の改訂があれど、未だに日本最難関の試験とされています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

弁護士会が行っているサービスについて

弁護士会は弁護士が業務を行うために登録をしなければならない団体であり、そこでは色んなサポートを行っています。特徴として各地方ごとに事務所や団体があり、登録費用や方法などについても若干異なっています。時には就業に必要な情報を提供することもあり、独立をする方のために支援やサポートを行うこともあります。また弁護士が取り扱う業務内容についても簡単に紹介されており、これから活躍する方のために色んな情報が公開されています。弁護士会は一見すると弁護士になる方のためにある団体のように思われますが、実はそうではなく事務所探しなどにも使用することが出来ます。ここでは日本全国にある弁護士事務所を検索出来るようになっているため、一般の方でも利用する傾向が多い団体となっています。

Page Top