前へ
次へ

弁護士の資格を取得する方法

法律の力を使い人を助ける、それが弁護士の仕事です。弁護士の資格を取得するためには、国家試験である司法試験に合格する必要があります。この司法試験は、だれもが受験できるものではありません。大学で法学を学んだ人はその後法科大学院でさらに2年勉強して、法学を学ばなかった人は大学院で3年勉強してはじめて受験資格を得ることができます。また、平成23年度から新しく導入された予備試験に合格しても、同様の資格を得ることが可能です。予備試験に関しては中学校を卒業していれば誰でもチャレンジすることができますが、たいへんな努力が必要となります。いずれかの方法で受験資格を取得したら、5年以内に与えられる3回のチャンスの中で司法試験に合格し、一年の司法研修を受けた後、さらに修了試験に合格して弁護士になることができます。

Page Top