前へ
次へ

弁護士になるにはどうすればいいか

弁護士は国家資格です。法律の専門家として様々な場面で活躍することの出来る資格です。法律のエキスパートであることから、資格取得には様々なハードルが用意されています。まず、大学での学士を取得し法科大学院へ進学する必要があります。法科大学院で単位を取得すると法務博士号を取得することができます。法務博士号を取得すると司法試験への受験が認められるのですが、5年間で3回しか受験のチャンスはありません。これを逃すと弁護士への道が断たれてしまうので、専門の予備校などへ通う人もいます。難関の司法試験に合格したら1年間の司法修習を受けるため、司法修習所に通います。最後に卒業試験に合格すれば弁護士の資格が与えられのです。

Page Top