自己破産に関する流れと必要となる費用について

債務整理には「自己破産」という方法があります。この自己破産というのは、御存じのとおり最終手段と思ってください。出来れば利用したくない方法でもありますが、どうにもならないという場合は仕方ないのかもしれません。膨大な借金を抱えて苦しむのではなく、きれいになって人生をやり直すのもよいと思います。ただ、自己破産するにはそれなりのデメリットもあるのは覚悟しておきましょう。

ここでは、自己破産の手続きの流れについてご説明したいと思います。

1.「自己破産の手続きに必要な書類を地方裁判所へ提出します」
破産申立書・免責申立書は裁判所で入手しなくてはいけません。
弁護士や司法書士などに依頼している場合は任せればよいと思います。
借金した理由や自己破産ではないといけない理由などを記載する、陳述書が必要になります。
他にも「債権者一覧表」「資産目録」「家計状況」も必要になります。

2.「破産の審尋を受けます」
裁判官によって、債務者が自己破産手続きに該当するかどうかという事を判断するために質問を受けることになります。

3.「破産手続き開始決定となります」
数日たったら、手続きが開始されるようになります。
破産管財人が財産などがないかどうか調査を行います。
何も財産がないと判断された場合、1~2か月後に免責の審尋が行われます。
もし財産があると判断された場合は、その財産を債権者に分配されて処分という事になります。
そして免責の審尋が行われます。

4.「免責許可が決定したら、支払い免除が決定します」
決定後は官報に記載されることになるでしょう。

次に手続きにかかる費用ですが、もともと財産など何もない人が行う手続きとなっているので、申し立ては3~5万円程度で始めることができます。
財産も何もないと判断された場合、全て含まれた費用として3万円程度となっています。
もし、財産があると判断された場合は、所持している金額に応じて異なっていますが、各地方裁判所に支払う金額が数十万円となるようです。

また、弁護士や司法書士に依頼した場合も、20~40万円の支払いが必要です。
勿論、費用はないはずですから、その時は親戚などに工面してもらうしかないでしょう。