自己破産のメリットとデメリットについて知っておこう

債務整理を大きくわけると「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」がありますが、これらそれぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは、「自己破産」のメリットとデメリットについてお教えしたいと思います。自己破産というのは、あくまでも最終手段であるという事を覚えておきましょう。まず、メリットとなる点についてです。やはり何といっても、債務のすべてを整理することができるという事でしょう。債務額ですが、金額の低いものであっても高いものであっても関係なく、返済能力がないと判断されれば額は関係ありません。申し立てを行えば、強制執行などの心配もありません。また、消費者金融からの催促なども一切なくなります。他の方法と異なって、収入などの条件も一切ありません。返済能力がない人が最終手段として行う方法なので、職についているかどうかというのも問題ないでしょう。次にデメリットとなる点についてです。借金への返済として自動車や不動産などの財産が処分の対象となってしまします。ただし、電話や電化製品等や20万円以下の財産に関しては、処分の対象にはなりません。破産者名簿には、当然記載されることになりますが、免責を受けた場合削除されるようになっています。自己破産を行うことによって、官報に記載されます。これによってヤミ金業者から目を付けられてしまい勧誘されやすくなってしまいます。アパートに住んでいる場合、借りるときに交わした賃貸借契約書に破産した場合契約解除と記載されていることもあります。その場合契約を解除されてしまうため、新住所を探さなくてはいけなくなることもあります。10年間の間ブラックリストに記載されてしまうので、かなり長い間物を買う際にもローンでの支払いが行われなくなります。以上のメリットとデメリットを把握して自分に合っている方法であるか判断してください。債務が大きくなって、どうにもならないと判断した場合は、このようなデメリットがありますが、精神的な負担がなくなると思います。