前へ
次へ

走り出したら後戻りできない

弁護士になるのはとても大変です。大学、大学院、司法試験を経なければなりません。また、大学院や司法試験をクリアするには難解な司法に関する知識を学ばなければならないため、たくさんの時間を要します。予備校や専門学校を利用する人も多く、学費や生活費などを全て合わせると多額の資金が必要になるという現実もあります。弁護士になったときに多額の負債を抱えている人も多くいます。また、司法試験への挑戦は5年以内に3回までと定められています。これに外れてしまうと断念せざるを得ないことから強いプレッシャーのかかる試験なのです。資格への挑戦はとても良いことですが、一走り出したら後戻りできない資格だとと言うことができるかもしれません。

Page Top